読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボストンキャリアフォーラム体験談2016③

f:id:yurico1728:20170114132124p:plain

ボスキャリ当日前の説明で2記事も使ってしまったので今回こそ選考の内容を。

メモ書き感満載。来年、あ、もう今年か、の秋頃だれかの助けになることを期待。

ボスキャリ体験談①②はこちらから

yurico1728.hatenablog.com

yurico1728.hatenablog.com

 

私が応募した企業15社の内訳はこんな感じでした。

外資IT 5社

日系IT 2社

日系メーカー 4社

その他(雑) 4社   

そのうち返事が来たり、そのあとの選考に進んだりした企業は12社。

外資IT 5社

日系IT 2社

日系メーカー 1社

その他 3社

外資ITの事前選考

まずは外資ITの事前選考について振り返ります。社名は一応ふせるので、2016年のボスキャリ参加企業と照らし合わせてみてください笑

 

外資IT・マーケティング関連 A社

応募書類:CFN共通レジュメ(英)のみ

応募後メールをもらいSkypeで音声のみの面接(30分程)をしました。1週間くらいで連絡しますねと言われたのですがけっきょく何も来なくてそのまま笑

連絡するまでもなかったってことなのかな、、

この企業は新卒初採用だったらしく、人事もほぼひとりとかでまわしていたんじゃないかという印象でした。忙しかったんだな、きっと。

 

外資IT・配車サービス B社 

応募書類:CFN共通レジュメ(英)のみ

アメリカに来てその便利さに感動したので思わず応募してみました。笑

1) Excelでの課題

応募後まずメールで課題が送られてきて、Excelの機能を使って計算したりするような課題でした。これけっこうおもしろくて楽しかったです。

2) ビデオ面接

課題をクリアすると次はビデオ面接。ここで録画するやつが出てきました、、もうコンタクトを取り始めたあとだったので無視するのもなぁと思ってがんばって録画。

→このビデオ面接が通ってたのかどうなのかはわかりませんでしたが、ボストンでの説明会の案内が来ました。当日行ってみるとブースが人気でとても混んでいたので後ろからちょっと見るだけでやめてしまいました。

 

外資ITコンサル C社

応募書類:CFN共通レジュメ(日)のみ

1) Web説明会

応募後web説明会への案内がきて指定された時間に参加。20名くらい同時に参加していたと思います。

2) Skype面接約30分(1次)

人事の方と1対1のSkype面接。その場で考える力を見られているような面接でシェアリングエコノミーについて「どうしてこのサービスは流行っているのか?」というような質問をされたりしました。

3) グループワーク1日 (2次)

2次はグループワークということで、ボスキャリ前の10月末頃にサンフランシスコに行きました。1次通ると思ってなかったのと、この頃学校が中間シーズン+ボスキャリ準備でけっこう忙しかったので迷いましたが、飛行機等全部負担していただけるとのことで行ってきました。笑

5人1組×2で10人の学生が集まっていて、自社の製品(ソフトウェア)を使って架空の会社に対して業務改善提案をするという課題でした。こっちの大学に4年間いる人とか、院生とか優秀な人たちばっかりでもはやなぜここにいるのかと思ってるうちに終わり()

2次は通過できませんでしたが、勉強になったので行けてよかったです

(この選考からの内定者をボスキャリブースでの説明要員に使って、あ、あの人内定したんだって見せつけられてちょっと悲しくなりました。まあしょうがない)

 

外資ITサービス D社

応募書類:CFN共通レジュメ(英・日どっちだっけ?)のみ

1) Skype面接約30分 (1次)

人事の方と1対1の面接でした。この企業も今回募集していた職種の新卒採用が初で企業の説明を主にしてもらって、そのあと自分のことを少し聞かれるといったカジュアルな雰囲気の面接でした。面談に近いかも。けど一応選考。

2) Skype面接約30分 (2次)

私が応募していたのが営業の部署だったので営業部長の方と1対1。力を入れたことだったり、志望動機を話しました。

→ボストンでの最終面接げっと

 

外資ITコンサル E社

1) Skype面接約30分 (1次)

人事の方と1対1。力を入れたことをメインにけっこう深堀面接。逆質問。

2) Skype面接約30分 (2次)

営業部長の方と1対1。力をいれたことに加えて、若干ケース面接(?)もありました。

→ボストンでの最終面接げっと

 

 今回はこのくらいで。